審査甘い中小消費者金融情報サイト

任意整理中でも安全に確実に融資してもらう方法教えます

の「サムネイル」

任意整理中に新たな借入れは可能?

任意整理をおこなった方はよくご存知のことと思いますが、一旦借金を減額する手続きをとると通常はその情報が異動情報として信用情報機関等に登録されてしまいます。(ブラックリスト)

こうなりますと、任意整理期間中または完済後も一定期間は新たに借り入れをおこなうことはほぼ出来ません。
言うまでもありませんが債務整理という制度自体がきちんと返済をして自分の生活レベルに応じたお金の運用をしていけるようにする為の制度でもあるからです。

しかしそうは言っても、それぞれいろいろな事情を抱えて生活しているわけです。どうしてもお金が必要になる場合はきっとあるかと思います。

自分で賄えない金額が必要な時、どう工面すればいいのでしょうか?今日は、そんな任意整理中の方でも新たにお金を借り入れする方法をいくつかご紹介いたします。

大手消費者金融は任意整理中に融資してもらえない

先ほど申し上げたように、そもそも任意整理をおこなうと、整理期間中や完済後一定期間は通常新たな借り入れはほとんど出来ません。最大の理由はすでに借り入れた借金を交渉の上減額してもらっているからです。

これが、もし大手消費者金融に対して減額してもらっていたとしたらどうでしょう。まず、「新たに借りるくらいなら減額した借金を払え!」という話になりますよね?

また、一旦任意整理等をおこなうと必ず信用情報機関にこの事実が事故情報として登録されることもお話ししました。

いわゆるブラックリストに載ってしまったということですので、信用情報機関を利用する一般的な金融機関や消費者金融または銀行系カードローンやクレジットカードなどの審査はほぼ通らないという事になるのです。

任意整理中の融資は中小消費者金融がお勧めな理由

世の中にはそのようにブラックリストに載ったような人物に対しても、お金を新たに融資しようとする業者もいます。

しかし、そのような審査を甘くしている所に申し込みをしても絶対に借りられるという保障はなく、あくまでも借りられる可能性がある。ということです。

ブラックでも絶対に借りられるのはヤミ金業者くらいです。
彼らには任意整理であろうが自己破産であろうが、融資を希望する人間に収入さえあれば貸付をおこないます。

ソフトヤミ金自体が違法ですから、もちろん取り立て方法も何でもありですので貸したお金は絶対に取り立てるという自信があるから貸せるわけです。

怖いですよね、、安易にヤミ金に駆け込むことだけはおやめください。

中小消費者金融は審査は甘いが正規の金融業者

そこで、一つの可能性として任意整理中の融資先でおすすめするのが中小の消費者金融です。

大手消費者金融と中小の一番の違いは審査に関して、大手はコンピューターを使いシステマティックな判断をおこなうのに対して中小はそれぞれの事業者が独自の審査判断を下しているところです。

中小消費者金融は名前を聞いた事がない所が多いので不安かもしれませんが、今回ご紹介する所は決してヤミ金業者ではなく、きちんと貸金業法に基づいて登録を受けた正規の消費者金融事業者となります。

街金と呼ばれる場合もある

中小消費者金融というのは地域密着で街の片隅にこじんまりと存在する所が多い事から、またの呼び方は街金などと言われたりもしています。

そんな街金ですが大手に比べて圧倒的に顧客の数が少ないのが現実です。それでも潰れることなく頑張って事業を成り立たせているわけですが、大手のような莫大な経費をかけて顧客獲得をおこなうことは出来ません。

となると当然街金へ駆け込んでくる人の大半は、大手からの融資を否決された方が多いということになります。(言い方は悪いかもしれませんが社会的信用力のない方ということです)

違う見方をすれば、中小消費者金融はそういったブラックの方への対応やお金を貸すことに関しては大手よりも慣れている。と言うことになりますし、そういった方へお金を貸さないと運営がなりたたないとも言う事もできます。

任意整理中でも借りられるお勧めのサラ金業者3社

ここでは任意整理中でお金を借りたいと思ったけど大手の消費者金融で融資を断られてしまったという方にお勧めの正規の中小消費者金融をご紹介します。

株式会社アロー

特徴

①審査時間が大手並みに早い。ケースにもよるが最短45分で審査が完了する
②振り込みキャッシングをおこなうことで来店が不要な融資が可能
③即日融資が可能
借り入れ可能な根拠:

  1. 会社の歴史が浅いため、いわゆる過払い金返還請求等の影響をあまり受けていない
  2. 信用情報に問題がある場合でも独自審査で対応してくれる
  3. 独自の審査基準と電話でのヒアリング審査で情報把握をおこなっている

株式会社アルコシステム

特徴

①インターネットのみの申し込みで効率化を図っている
②融資額は大手に比べて少額
③店舗も置いていないので、経費も少なく安全経営

借り入れ可能な根拠

  1. 審査の基準を過去に焦点を当てず、主に現在について重視している
  2. 融資額を少額に設定することで、なるべく多くの対象者に融資をおこなう経営方針
  3. 顧客獲得に対して、融資に不安を抱えた人物にターゲットを絞り込んでいるため

フタバ株式会社

特徴

①創業55年の歴史ある老舗の消費者金融
②他社借り入れ先が4社までという基準あり
③融資額は最大で50万円まで

借り入れ可能な根拠:

  1. 歴史のある老舗なので、経営体力はあると考えられるため
  2. 特徴に上げているように、他社借り入れが4社までなら融資の可能性が高い
  3. 保証会社が自社のため、融資に対する対応が厳しくない

任意整理中にお金を借りる事のデメリット

任意整理中にお金を借りることのデメリットについては、次のようにいくつかありますのでご紹介いたします。

新たな借入れが発覚すると、任意整理そのものが破棄される可能性

このようなことが起こると、せっかく減額してもらったはずの借金が全て元の金額に戻って支払いをしなくてはいけなくなります。本末転倒な話だと思いませんか?

任意整理に携わった弁護士等から契約解除されてしまう可能性

ものすごく大変な思いをして相談に行き、きちんと対応してもらったことで任意整理ができたはずです。それを反故にしてしまったツケはこのような所にも返ってきてしまいます。

弁護士に新たな借入れが知られてしまった場合は契約の解除はもちろん、契約書の内容によっては違約金の請求など、お金に関してますます厳しい現実を突きつけられる可能性もあります。

高金利の業者が多い

任意整理中の方に一見助け舟を出してくれているような融資先ですが、それにはやはりリスクも伴っています。

通常では融資できないような人達にお金を貸すわけですから、ヤミ金のような違法性はないにしても、貸金業法で定められた融資利息の上限ギリギリの高金利でしか融資を受け付けない業者がほとんどになります。

取立てが厳しいところが多い

そもそも任意整理中というハイリスクな人にお金を融資しているわけですから、回収に厳しくなるのは当然のことだと思います。どこの業者でも慈善事業でお金を貸しているはずはないので。

ですが法律にのっとって登録された業者に関しては、違法性のある取り立てはまずありません。ただし、取り立て規制の範疇で考えても非常にグレーゾーンに該当するような、積極的な回収行動に出てくる可能性は十分考えられます。

和解交渉が成立しない可能性がある

任意整理とは、貸し手と借り手が弁護士等の第3者も関与して借金の減額交渉を行った上で、双方納得の和解をしています。

ところが、その和解をないがしろにしたと思われるような新たな借金が発覚するとどうなるでしょう?貸しての金融会社は当然和解の成立を反故にしてきます。

せっかくお金も時間もたくさんかけて何とか少なくした借金がもとどおりにされるのはもちろん、新たに借金もしているわけですから、どうにも身動きが取れなくなってしまいます。

任意整理中に消費者金融以外からお金を借りる方法

ここまでは、中小の消費者金融からお金を借りる方法等についてお話ししてきましたが、実際にはそのほかにも任意整理中であってもお金を借りる方法がいくつかあります。

リバースモーゲージを利用する

最近よく耳にするようになったのが、このリバースモーゲージという言葉です。簡単にいえば逆住宅ローンというような意味合いになります。

これは、ご自宅を担保にして、そこに住み続けながら金融機関から融資を受ける制度となります。

主な利用者は60歳以上の高齢者層になります。現代社会の最大の課題である超高齢社会の到達がすぐ目の前まで来ている時代ですので、こういった制度を活用して融資を受けざるを得ないケースも増えてくるのかもしれません。

保険契約者貸付を利用する

実は私も利用したことがあります。この制度はお金の借り手が契約している生命保険を利用したものになるのですが、各生命保険会社の保険商品によって利用可能なものと不可能なものがありますので注意してください。

保険契約者貸付が利用可能な商品であれば、一定期間の加入実績をもとにして、解約した際の払戻し金のおおよそ70~90%までを限度額として融資を受けることができます。(もちろんお金を借りることですので金利は発生します)

生活福祉融資を利用する

これは、各地にある社会福祉協議会(通称:社協)と呼ばれる団体に申し込みをおこなって生活費の融資を受けることができるものです。

対象者はあくまでも生活困窮者となっており、いろいろな条件をクリアしていかなければ融資を受けることはできません。公的な制度ですのである意味当然のことだと考えます。

母子福祉資金を利用する

この制度は、お住いの各地域にある自治体が運用している貸付制度になります。

現在かなり増えてきた母子家庭や父子家庭などを対象として、その子供のために必要な資金の提供を目的としています。

これも公的な制度ですので、収入等かなり厳格に条件が整備されています。 

質屋を利用する

昔はかなりこういうお金の工面がおこなわれていたはずです。質屋に着物や時計・宝石を入れてお金を借りる話がテレビドラマなどでよく見かけていませんでしたか?

基本的には手元に持っている何がしかの物を担保に入れてお金を借りるということになります。

自分の置かれている状況を鑑みたらギリギリの選択ではありますが、処分すべきものは処分してしまうのも手段のひとつです。

この方法は万が一返済ができなくなったとしても質入したものが流れるだけで済むと言うのが最大のメリットです。

任意整理中でどうしても借りれない時の最終手段

ここまでは、いわゆる一般的なお話で任意整理中のお金の工面について話してきました。

しかし、それでもどうにもお金の手配がつかず困り果てた場合はどうすればいいのでしょうか?このあとお話しする内容は正直お勧めできる方法ではありませんので、もし実行する場合はあくまで自己責任でお願いします。

ソフトヤミ金を利用する

最初にヤミ金からは絶対借りないでください!と言ったのですが、ここではその言葉が出てきてしまいました。

ソフトヤミ金とは、通常のヤミ金よりは金利が少しだけやすい非合法の貸金業者のことを言います。金利が安いと言っても合法事業者とは比較にならないくらい高いの暴利で融資しているところがほとんどです。

ただソフトヤミ金は任意整理中でもお構いなしに融資を行いますのでかなりの高確率でお金を借りることができます。

個人間融資を利用する

皆さんも親や知人などにお金を借りた経験は一度や2度あるかとおもいます。そうです、個人間融資とは個人間でお金を貸し借りすることを言います。

しかし、ここでいう個人間融資は掲示板やSNSなどを使ってお金を貸したい人と借りたい人が繋がる事をいいます。

この方法も任意整理中でも融資を受けることはできますが掲示板などに闇金業者が個人名で登録をしていたり、一般の方でも法外な金利を取っている事もありグレーゾーンなので利用する際は十分に注意してください。

携帯・口座を売る

携帯や講座を買い取ってくれる業者と言うのが存在しているのはご存知でしょうか?しかし実際は買い取られた後に貴方の携帯や口座が何に使われるのかは不明です。

ここまでくると、もしかしたら犯罪行為に手を染めてしまうことになってしまうかもしれません。

まとめ

以上、任意整理中に融資を受けることについて、その方法やメリット・デメリットなどお話しいたしました。

もう言わなくてもおわかりだと思いますが、基本的に任意整理中に新たな借入れをするのはお勧めできません。それでも、どうしても仕方がない場う合は、少しでもリスクが少なく済むように、この記事を参考にして頂ければと思います。