審査甘い中小消費者金融情報サイト

セントラルの審査が甘いと言う口コミは本当なのか?噂の真相を探る!

の「サムネイル」

セントラルは、愛媛県松山市に本店を構える中小消費者金融です。1973年に株式会社黒河商事として発足し、1993年に株式会社セントラルへ社名変更して以降、横浜市や池袋・銀座といった都内にも店舗を構えるようになりました。

中堅消費者金融としては珍しく自動契約コーナーも設置していてCカードと呼ばれる専用ローンカードの発行も行なっており、セブン銀行ATMを利用できるほど中小消費者金融の中では提携他社からの信頼が厚いことで知られています。

セントラルの審査は甘いですか?

はい。セントラルの審査は独自審査により、大手消費者金融では審査落ちとなった申込者であっても審査に通過することがあります。セントラルの社内基準を通過していて、貸金業法で定められた総量規制の範囲内ならば、ブラックの方でも借り入れ出来る可能性があるわけです。

大手消費者金融と遜色ない利用限度額設定や金利にも関わらず、本人に安定した収入があればブラックも融資対象としています。

満20歳以上という年齢制限はあるものの、他社でありがちな上限年齢は設定されておらず、年金以外の収入があり働いているならば年配の方でも借りることが可能です。

金融事故を起こしブラック状態の方も現在他社で滞納が無く債務整理済みであれば審査対象

金融事故を現在進行形で他社へ引き起こしている場合には、セントラルの審査基準に抵触するので審査に通ることはありませんが、既に債務整理により過去の金融事故を清算済みならば、個人信用情報機関へ異動情報が掲載されていても審査対象となります。

ブラックの方全てが借り入れ出来るわけではありませんが、金融事故を清算済みであれば、生活再建後の状況のみで審査してもらえるというのはとても頼りになりますね。

セントラルは闇金ではないかと

セントラルが闇金ではないかという噂は、類似した名称の闇金業者の存在により勘違いされています。大手消費者金融の審査に通らない人がセントラルの審査には通過出来たからといって、セントラルが闇金業者というわけではなく、正規の消費者金融を見分ける方法を知らない人が噂を流してしまうと考えられるわけです。

セントラルは、貸金業法に基づく貸金業者ですから、公式サイトにも四国財務局長(7)第00083号 日本貸金業協会会員 第001473号として登録番号が掲載されています。

実際に金融庁と日本貸金業協会の公式サイトにあるデータベースへ、電話番号や会社名を入力すれば貸金業者としての登録番号が誰にでも検索可能です。会社名や連絡先が全て一致していることを確認すれば、正規の消費者金融であると分かります。

セントラルの審査の流れ(必要書類やどのように審査が進んでいくかなど)

セントラルの申込は、店頭受付だけでなくインターネット経由での受付も行えるので、好きな方法で申込手続きを行うと電話連絡により本人確認書類アップロード方法が案内されます。

必要書類は、運転免許証といった身分証明書を1つ用意すれば良いですが、直近2ヶ月分の給与明細または源泉徴収票を事前に用意しておけば、アップロード提出を求められた時に慌てずに済みます。審査結果は店頭受付以外ならメールまたは電話連絡により行われ、後日Cカードが届けば借り入れ可能です。

セントラルは即日借りることができますか?

はい。平日14時までに申込み受付が完了していれば、インターネット経由であっても即日振込み可能です。
14時を過ぎてしまう場合には、最寄りのセントラル店舗でCカードの発行を依頼するか、店頭受付による融資を選択すれば出来ます。

中小消費者金融全般の特徴として、既に大手消費者金融から断られていたり他社借入残高が多いために審査が長引くこともあります。なるべく即日審査を行うようにセントラルでは心掛けていますが、審査状況次第では翌日まで審査が長引く可能性があると知っておかなければなりません。

Cカードの発行を店頭で行えれば、先にインターネット経由で審査を通しておき、セントラル店頭でCカード発行を受けてセブン銀行ATMを使った借り入れをすれば、即日融資を受けやすいです。