審査甘い中小消費者金融情報サイト

ブラック最後の砦!キャッシングスペースで否決されたらもうお終い?

の「サムネイル」

大阪府堺市に店舗を構える2008年創業の比較的新しい中小消費者金融です。利用限度額は最大500万円迄設定可能ですが、実際に設定された利用限度額に応じて年率が8%~20%の範囲内で利息制限法に基づき段階的に決まります。

残高スライドリボルビング返済方式による返済方法が指定されており、最長12年144回払いでの返済が可能です。申し込み可能な年齢を18歳以上としているので、親権者の同意があれば未成年者でも申し込み可能な点が珍しいです。

スペースの審査は甘いですか?

スペースならば、大手消費者金融で審査落ちを繰り返してから申し込みを行っても、現在の返済能力に問題が無いと確認されれば法律の範囲内で融資を受けられます。

大手消費者金融とは異なり、属性審査だけで審査の可否を決めることはせず、細かく事情を考慮した上で審査結果を出すわけです。
ただし、貸金業法に基づく融資を行っているので、総量規制に抵触するほど他社借入額が多ければ、スペースの与信審査上は問題なくとも融資を受けられません。スペースは柔軟な審査を行いますが、総量規制はしっかり遵守しています。

ブラックでも即否決にはならない

金融事故を起こした人は、個人信用情報機関へ異動情報が5年または10年間掲載され続けるので、大手消費者金融は異動情報欄に記載がある段階で即否決ちとなります。

一方、スペースでは信用情報照会により異動情報欄に過去の金融事故情報が掲載されていても、現在は債務整理を行って解消されているならばさほど大きな問題とはしません。
現在も長期延滞が続いている状態ならば否決されますが、清算済みの金融事故よりも現在の返済能力と人となりをしっかり確認した上で融資可否が決まるわけです。

債務整理により過去をしっかり清算したことが重要であって、これからの生活を豊かにするためにスペースの融資審査を受けるならば、返済計画がしっかりしている限り審査対象となります。

消費者金融スペースは闇金?

スペースの名前を騙る闇金業者が関西地区で実際に活動しているために、スペースは闇金ではないかという噂が立ってしまいます。

公式サイトでも注意喚起をしており、スペースの審査ではヒアリング項目が細かいことも、闇金では無いかと心配されてしまう原因です。
しかし、金融庁のデータベースには大阪府知事(04)第12865号 日本貸金業協会会員第005357号と明記されており、住所・代表者氏名・広告掲載用電話番号まで一致するので、正規の消費者金融であることに間違いありません。

審査の流れ

スペースの申し込みは、電話・店頭・インターネットと複数の方法から自分で選べます。

1次審査が行われてから電話連絡が入り、本人確認書類や収入証明書をFAX送信して2次審査を受けて勤務先への在籍確認電話が入ります。
全ての審査に通過した段階で店頭または振り込み融資が行われるわけです。ポイントとなるのは、スペースからは審査に通過した段階で連絡が入るので、審査落ちに関しては電話が入らないことがあります。

最後に店頭または郵送により契約書を取り交わせば、スペースからの借り入れ手続きは完了です。

スペースは即日借りることができますか?

スペースは慎重な審査を行うことで、他社では属性審査により審査落ちとなる申込者であっても融資を受けられる可能性があります。

申込者の多くが他社借入残高があったり、過去に金融事故を起こしていたりするので、1件あたりの審査が長くかかる傾向にあります。

1次審査を通した後に2次審査を行うという営業スタイルを採用しており、他社消費者金融よりも細かく申込者本人に関する質問を行うことで、返済能力だけでなく人となりまでも判断材料に加えるので、即日審査をそもそも行っていません。

スペースはどのような方にお勧めできる消費者金融ですか?

大手消費者金融だけでなく、他社中小消費者金融へ申し込みしても断られてしまったならば、最後の砦としてスペースへ申し込みしてみると良いです。

貸金業法で定められた総量規制に抵触しない年収の1/3以内で収まる希望限度額ならば、審査に通過出来る可能性があります。

二次審査では喫煙や飲酒の有無だけでなく、現在済んでいる場所への転居理由まで聞かれるので、細かい質問に対しても正直に受け答えが出来る性格ならば、スペースへの申し込みに適しています。

審査の甘い中小消費者金融の関連記事