審査甘い中小消費者金融情報サイト

アルコシステムで審査落ちするような人はもうどこからも借りられないって本当?

の「サムネイル」

アルコシステムは、昭和58年に設立された老舗中小消費者金融です。兵庫県姫路市に本店を構えていますが、全国から来店不要でWEB申込みが出来るようになっているので、全国どこからでもご利用いただけます。

規模的には街金ですがインターネット専門の消費者金融として営業しており来店での審査や融資はおこなっていません。また専用のキャッシングカードの発行もありませんので返済方法は銀行振り込みとなります。

アルコシステムに審査落ちする人はかなりの重症ブラック

大手消費者金融の審査に落ちてしまった人であっても、アルコシステムの審査には通過している人がいることからも分かるように、柔軟な審査をウリとしています。

スコアリング審査だけで済ませることなく、ヒアリング項目を増やして現状の返済能力をしっかり見極めることを重点に置いているわけです。
公式サイトにて、最初から申込み審査に通らない条件として、健康保険未加入や他社滞納中と明示している点からも、長期延滞中以外のブラックには対応している事が伺えます。

債務整理をしていても借りられる

上記したとおり過去に起こした金融事故を理由として、即否決ということはありません。

もちろん 現在進行系で他社延滞中ならば借入は不可となりますが、債務整理をしっかり行って精算完了している状態ならば、例え個人信用情報機関に異動情報が掲載されていても、現状を見て返済能力が十分にあると考えられれば審査に通します。

過去に金融事故を起こしたかどうかよりも、現在の状態を優先して判断してもらえるわけです。
ただし、貸金業法に定められている総量規制を遵守する義務はあるので、本人の年収に対して1/3を超える貸付は出来ません。

ネット上でアルコシステムは闇金ではないかと言った噂がありますが

アルコシステムが闇金と間違えられる理由は、貸金業者として金融庁データベースには掲載されているものの、日本貸金業協会には未加入となっているのも一つの理由かもしれません。

金融庁データベースを確認すれば、兵庫県中播磨県民センター長(12)第50158号として登録されていますが、日本貸金業協会の欄は空欄となっています。

また、審査結果次第では10%の保証金を求められることがある点が、闇金と疑われるもう一つの理由かもしれません。しかし、利息制限法に基づく上限金利内の貸付が行われており、正規の消費者金融であることに間違いありません。

アルコシステムの審査の流れ(必要書類やどのように審査が進んでいくかなど)

公式サイト上の申込みフォームへ入力すると、1次審査として属性審査と個人信用情報機関への信用情報照会が行われ、1次審査通過可否の連絡がメールで入ります。

2次審査へ進んだ時点で、電話連絡が入り生活状況と他社借入状況について細かい質問が行われて、最終的な審査結果が通知されます。

本人確認書類として、健康保険証、運転免許証、給与明細、源泉徴収票が必要ですので前もって準備しておくと審査もスムーズに進むでしょう。

アルコシステムは即日借りることができますか?

必要書類が揃っていて、営業時間である平日9時~18時の範囲内に審査が終わる状況ならば、即日借入も可能です。

平日15時前に振込手続きが完了出来れば、多くの銀行口座で即日融資を受けられますが、平日15時移行はネット銀行以外は翌営業日反映となる点に注意しなければなりません。

余裕を持った申込みを行うためにも、午前中に申し込みを始めておくと良いです。アルコシステムでは、審査完了と同時に指定銀行口座へ振込を行うので、契約手続きを後回しとすることで即日借入を実現しています。

 アルコシステムはどのような方にお勧めできる消費者金融ですか?

大手消費者金融の審査に落ちてしまった人などは、アルコシステムへ申し込むことによって細かい審査をしっかり受けられますので借入出来る可能性があります。

元々大手消費者金融では借入出来ない債務整理の過去がある人や、自営業者の方であっても現在の収入証明をしっかり出来るならば、審査対象となります。
また、専業主婦は本人に収入が無いために総量規制に抵触しますが、配偶者貸付という制度をアルコシステムでは否定していないので、保険証が配偶者の扶養であっても必要書類こそ増えるものの審査対象となっています。